怒涛のごとく〈下〉 白石一郎

怒涛のごとく〈下〉 白石一郎

特に中国の歴史に詳しい訳ではないのですけど、日本が鎖国を続けている間に清と戦い続けていた、こんな魅力的な人物がいたんですね。
この本の中で何回か作者が日本人気質と言う言葉を使っているのですが、
中国人気質ってのも僕ら日本人には良く分からない物があります。そんな人種間の性格の差が問題をややこしくするのでしょうか?主人公が何時までも清に対立し続けたのもそんな性格から来るものもあったのでしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

tag : 七味唐辛子 怒涛のごとく〈下〉 白石一郎

怒涛のごとく〈上〉 白石一郎

怒涛のごとく〈上〉 白石一郎

江戸幕府が未だ鎖国政策を決定していない江戸初期のお話で、日本、台湾、中国と海を自由に渡り貿易商人や海賊が活躍出来た時代。そんな冒険の時代が終わろうとしていた時に活躍したこの本の主人公は上巻では日本の平戸から始まり中国の福建省の都督まで。何度も物語に登場する海戦の描写は東洋版の帆船物?的な話で楽しいです。この先物語はどう進むのでしょうか、あまり詳しく知らない時代と場所の物語なので、読むのが楽しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書感想文 怒涛のごとく〈上〉 白石一郎

猫の縁談 出久根達郎

猫の縁談 出久根達郎

猫の縁談という妙に気になる表題につられて手に取りました。だいたい僕はネコと題名に付いた本はそれだけで気に入ってしまうのですけど、この本も中々の一品でした。
内容的には古本屋さんにまつわる話の詰め合わせなのですけど、古本屋さんへ行ったことのある人なら分かる、あの独特な雰囲気と匂いがそのまま伝わって来るようなそんな本でした。神田界隈をウロウロしていた昔の日の自分を思い出しながら、楽しく読ませてもらいました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書感想文 猫の縁談 出久根達郎

アンティーク鑑定士は見やぶる エミール・ジェンキンス

アンティーク鑑定士は見やぶる エミール・ジェンキンス

お宝鑑定団とかを見るのが好きな人なら楽しめる内容の本なのではないでしょうか?
ある日、骨董屋さんで見つけた安っぽい絵が実は巨匠の作で、物凄く高価だった!
なんて、話は誰だって大好きだと思うし。
そんな素敵で、悪魔的な骨董品とそれにまつわる人達のお話。主人公の女性も魅力的だし、とても楽しい本でした。もっと読みたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書感想文 アンティーク鑑定士は見やぶる エミール・ジェンキンス

世直し大明神 出久根達郎

世直し大明神<おんな飛脚人> 出久根達郎

いかにも何かとっても大事件が起こりそうに振っておきながら、
実はちっさな人情話だけって言う、時代小説のセオリーそのままな文章です。
ドキドキわくわくはしないものの、それなりに安心して読むことが出来ます。
今回は江戸の地震の話がメインになっていたのですが、
今の東京にもそろそろ来そう?な感じで、ちょっと怖いです。地震なんてもう金輪際来なければ良いのに。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書感想文 世直し大明神 出久根達郎

プロフィール

siopop

Author:siopop
痩せるためと称し日々スポーツクラブに通う決心をするが、
運動後のビールの美味さに目覚めてしまう。
結局 動いて消費したカロリーよりも、
多くのカロリーを摂取している事に最近気づきました(遅)
そんなお間抜けなやつです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR