夢暦 長崎奉行―秋冬篇 市川森一

夢暦 長崎奉行―秋冬篇 市川森一

テレビの時代劇などで有名な遠山の金さんがまだ19歳だった頃、金さんのお父さんが長崎奉行として赴任した時のお話。
この物語を読んでいると、現存してはいない江戸時代の長崎の町へ観光に行って来たかのような気分になれます、それほど細かく当時の長崎の様子が詳しく書かれていて、
唐人やオランダ人などが往来し、武士が刀をさして歩いている、そんな蒔絵の様な風景が目に浮かぶようです。
立派な御奉行さまと刺青物の息子そんな対照的な親子の物語中での絡み合いもテンポ良く書かれていて、どんどんお話の中に引き込まれます。楽しいです。

夢暦 長崎奉行―秋冬篇
【中古】afb/夢暦長崎奉行秋冬篇

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書感想文 夢暦 長崎奉行―秋冬篇 市川森一

プロフィール

siopop

Author:siopop
痩せるためと称し日々スポーツクラブに通う決心をするが、
運動後のビールの美味さに目覚めてしまう。
結局 動いて消費したカロリーよりも、
多くのカロリーを摂取している事に最近気づきました(遅)
そんなお間抜けなやつです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR